読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九六フィートの高さから

つれづれなるままに

反則と罰則と変速

僕は京都の大学に通っている。 今日は授業と授業との間の空いた時間に、自転車で三条の駅前にあるブックオフに行った。 最近なんだか物語に飢えていた僕は、古本をおもうさま買い漁ってあらゆる膿を蹴散らしてやろうと考えたのだった。 自転車を止めて、半時…

一回性と二回生

新学期が始まった。僕は大学二回生になった。 去年はなんだかなんにもしないまま時間が過ぎていく感覚だけが痛いほど鮮明で、自分はこんなんで大丈夫なのか?と落ち込んでいた時も多かった。 kakkoii-kakko.hatenablog.jp 自分がどんどん時間を無駄にして捨…

淵に立ってる

映画を見た。『淵に立つ』という作品。浅野忠信が主演になるのかな?エンドロールの最初の名前は浅野忠信だった。 ある家族のもとへ1人の男がやってきて、あらゆる物事が歪んで崩れていくお話。 全然ハッピーなお話ではなく、全てがスッキリする展開もない。…

涙袋がほぼないせいで人相が悪い

僕は音楽が好きで、映画も小説も大好き。そして今まで数多くの作品に心を動かされてきた。だけど僕はその感情の高ぶりが、すべて涙という形になって表出しない質というか、心と涙腺の回線の通信速度が遅い仕様になっているみたいで、涙が出るかどうかは作品…

実の距離

二日前、一人暮らしをするアパートに引っ越した。 荷物の運び入れ自体はすぐに終わって、部屋は割と短時間である程度形になった。 でもそこから足りないものを買い出しに行って整理したらもう夜も遅い時間になった。 でも頑張った甲斐あって、いい部屋、とい…

圧力と出力

今年度の大学の授業も終了し、家でのんびりする日々を過ごしている。とは言っても少しずつ来週の引越しに向けて準備もしている。準備というより妄想だけど。妄想しながらゴロゴロしてる。 家にこもってのんびりしてると、こうしてエントリーもサボってしまう…

ラはソの次の音

今日も授業があった。今日の先生はこの一年間フランス語の文法を教えてもらっていた先生だった。専門としてはフランス思想をやっている先生で、フーコーや、ジャン・ウリという精神科医の思想を引用しながら、多様性を阻害するものについて考える授業だった…

鬼と福とのリプレイスパーティ

昨日は友人の家に泊まった。一日遅れの恵方巻きもどきを各々作って食べた。恵方も向かなければ黙りもできずに。A4コピー用紙に印刷した鬼とお多福と鈴木福のお面を各々付けてアー写を撮った。その後眠るも定期的に目が覚めてしまう。隣に眠る友人の不規則な…

バイトと配当

一月が終わってしまう。 その前にバイトのことを書いておかなければ。 大学生になって、10月になって、 やっとバイトをする決心をして、 11月から1月半ばまで、 某大手雑貨屋チェーンの文具売り場で働かせてもらった。 最初はレジ打ちだけ、途中からは…

通学と空白

昨年僕は大学生になった。 ここしかないかな、と思った第一志望の大学に入ることが出来、初めての大学生活というものを送っている。 受験生のときは、楽しかった。 高校は楽しかったけど、高校生としての生活はなんだか窮屈な感じがして、早く自由を手に入れ…