九六フィートの高さから

それとなく落下 相対速度は限りなくゼロ

2020

2020年に好きだったものの記録

音楽

  • 火傷に雨/君島大空
  • Siva/BBHF
  • Me & You Together Song/The 1975
  • 何なんw/藤井風
  • The Steps/HAIM
  • Easy Breezy/chelmico
  • アザトカワイイ/日向坂46
  • The Age (feat. BASI, Dhira Bongs & Keishi Tanaka) /Gotch
  • exile (feat. Bon Iver) /Taylor Swift
  • Good News/Mac Miller

今年はなんといってもBBHFのアルバム『BBHF1 南下する青年』なんですが、曲単位で絶対これみたいな感じではなく、アルバム単位での印象のほうが強い。だから曲単位で最初に挙げるならば君島大空の「火傷に雨」になった。脆いけどきれいだから強い、みたいな曲。

あと2020年のリリースじゃないから入れていないけど、11月はBon Iverの『i,i』をずっと聴いていた。リリースされたころにはあまりピンと来なかったけど、おそらくBBHF経由で今年になって好きになった感がある。

Mac Millerは全然知らなかったけど最近教えてもらっていいなと思った。

 

映画

  • ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
  • TENET テネット
  • 幸せへのまわり道
  • ブックスマート
  • はちどり

結局あんまり新作を見ることができていなかった気がする。とはいえ映画館にはけっこう行った。ジブリやノーラン作品のリバイバルが多かったから。『もののけ姫』は今回のリバイバルで初めて見たし、『インセプション』や『インターステラー』といった大好きな作品をIMAXで見ることができるという幸運にも与った。

あと上に挙げた以外にもおもしろかったものはあるが、いま振り返って好きだとすぐに思えるのはこの5本だったのかな。正直あまり真剣に考えてリストアップしていないかもしれない。 

『Little Women』は今後感想が変わっていきそうな作品ではあるけれど、めちゃくちゃ泣いちゃったので僕の負けです。『TENET』はわくわくさせてくれてありがとうという気持ち。『幸せへのまわり道』は自分の男性性とどう付き合っていく?という自分のなかで大きくなりつつあったテーマにタイミングよく打ち返してくれた作品だった。

 

今年フラスコ飯店で書いた記事

frasco-htn.com

そうか、〈くよくよ〉というテーマを明確に掲げ始めたのも今年に入ってからなのか。もっと前な気がしていた。

 

frasco-htn.com

これはかなり読まれました。固いし長い記事なのにけっこう読んでもらえて、自分の書く記事に多少なりとも価値があるのかと思えた。

 

frasco-htn.com

逆襲書くの楽しかったな。手帳にメモを書き殴りながらのブレスト方式でやった記憶があるし記録がある。逆襲へのアツいお返事をくどうさんからもらったのも感動した。

 

frasco-htn.com

わた藤(後述)を編集しながら出たアイデアと好きな作品を詰め合わせた、個人的な好みが色濃く出ている定食。イラストがめっちゃお気に入り。

 

frasco-htn.com

これとか下にある『星の子』は、編集長から「これ、どう?」みたいに提案もらって見に行って、わりとすぐに書いて出す、ということをできた優秀な記事です。いつでも、どんな作品でも書ける、になりたいけど全然無理〜〜なので、そこに向かうべく踏み出した記事でした。

 

frasco-htn.com

これは企画も出さないまま勝手に書いて、編集長に売り込んだ記事でした。初めてのパターン。気に入ってる。

 

frasco-htn.com

これもお気に入り。僕は好きな映画のことは逆に書けないタイプなんですが、これはちゃんと書けたし、突飛で独創性のある読みとかでは全くないけど、意外と言われていなそうな大事なことを自分なりには書けたと思っている。名刺代わりにしたい記事。

 

frasco-htn.com

先ほど『マザー』でも書いたけど、フットワーク軽く書けたという点で評価したい記事。とにかく書き続けるしかおもろいもの書く術はないのだろうなと実感した。

 

〈わた藤〉の編集

今年のフラスコ飯店を語る上で外せないのが、わじまが書いている連載「わたしがグダグダうじうじしていることは大抵すでに藤原基央が曲にしている」ですね。企画段階からいっしょに詰めていきました。5月に1曲目「ディアマン」を公開してから1、2か月に1曲ずつくらいのペースで4曲公開し、5曲目を準備しているくらいのタイミングで、スキャンダルが発覚。どうしようか、と相談したけれど、やっぱりあの問題に触れずになかったことにして続けるのは僕たちがフラスコ飯店すべきことではない、ちゃんとそれについて考えて、向き合って、記事にすることこそ僕たちがやるべきことだと思い、準備を始めた。

しかしいっしょにやっているとはいえ、書いているのはわじまなので、わじまの苦しみを本当のところは知りようがない。3か月くらいかけて書いてもらって、そのあいだにも夜な夜なオンラインでうんうん唸りながら考えたり、構成を練って文言を練って、めちゃくちゃがんばった。でも僕はすごく楽しかった。それは編集という立場だったからこそかもしれない。わじまには最高級品質の拍手を送りたい。

そして長くてややこしくて重い記事をポップに読みやすくするために、くどうさんがビジュアル面でディレクションしてくれたのも大きかった。毎度まいどアイキャッチイラストのアイデアをいくつも出してくれて、この連載への愛を感じています。

ひーひー言いながらみんなで必死に作った記事が完成した。これです。

frasco-htn.com

がんばった甲斐あって、めちゃくちゃ読まれている。反響も大きい。うれしい。

 

2021年は就活と修論の1年になります。がんばるぞ〜〜

2019

2019年の好きだったものを記録しておきます。

音楽

  • 真夜中のダンス/BBHF
  • Now I'm In It/HAIM
  • 朝顔/折坂悠太
  • Hold You Now (feat. Danielle Haim)/Vampire Weekend
  • 1950/King Princess
  • 遠視のコントラルト/君島大空
  • remains/井戸健人
  • ドレミソラシド/日向坂46
  • Sleepswimming/No Buses
  • 砂漠で/長谷川白紙

https://open.spotify.com/user/sorekara/playlist/1h6eCAdch9VWL87Ej5q2Vt?si=DFZqkGUvRq21KIcNHd9t6Q

BBHFは『Family』というアルバムがほんとうにすばらしかったですね。ほかにも好きな曲がたくさんあります。

2018年は折坂悠太の『平成』をいちばん聴いていましたが、今年の「朝顔」もすごかった。生きとし生けるものへの祈りの歌です。

7月は日向坂46の「ドレミソラシド」のMVを日に3回は少なくとも見ていました。かなり救われていましたね。レコード大賞もとてもよかったです。

ハイムやVWは気持ちのいい曲が多くて好きです。King Princessはこの曲くらいしか知らないけどすごくいい曲。

 

映画

今年結局印象に残っているのはハイローなんですよね。映画も最高に面白かったし、記事も書いたし。あとハイローの話でコミュニケーションが取れた人が何人かいて助かったというのもあります。シリーズのこれまでは見てないのですが、続編が楽しみです。

トイ・ストーリー4はほんとうにボロ泣きしてしまった。

 

ーーー

 

今年は フラスコ飯店 というウェブメディアの開店があり、そこで5本の記事を書き、ZINEを作りました。物書き、物作りをした記憶が大きいです。

あとは大学院入試があり、卒業論文の執筆があり。卒論はまだ終わっていませんが。

来年は院生として、学問に対してできるだけ真摯に立ち向かえるようにがんばってみたいと思います。あとはフラスコでの執筆・編集、個人的にやっている写真の活動もちゃんと続けていきたいです。

物を考えて、物を書いて、物を作ってという実践のなかで、自分のできること、やっていきたいことを見定めていきたいと思います。

2020年もよろしくお願いいたします。

 

・書いた記事

frasco-htn.com

frasco-htn.com

frasco-htn.com

frasco-htn.com

 

frasco-htn.com

 

 

 

夏の濃度

f:id:kakkoiikakko:20180807180642j:image

 

 正直、夏は苦手だ。なぜなら、夏は濃すぎるからだ。

 生きていくだけで精根を削り取られるような思いにさせる、あの空気。むせ返るほど匂いと気配に満ちた空気。温度の高い空気は密度が小さく軽くなるはずなのに、僕の科学的知識は夏の息の前に倒れ伏すしかない。これはつまり、夏に圧倒されているということだろうか?

 半死半生のヒトの傍らで、生き物の気配は濃い。目に見えるものも、目に見えないものも。なにも霊魂のことを言っているのではなくて、もっとリアリスティックに、菌とか細菌とか、そう言った類のものだ。どうしようもなく濃い、重い空気の中には、ここぞとばかりに躍起になった何某かが蠢いているように思ってしまう。霊感がなくてよかった、夏の空気なんて耐えられないものだろう。

 夏は光も濃い。そのぶん、影も濃くなる。あらゆるものが輪郭を強く結びすぎる。あまりにコントラストが強すぎて目が眩む。光に染められて自分が白く飛んでしまう。影に吸い込まれて黒い沼に足が沈んでしまう。そんな矛盾さえすべて照らし、影に収束させてしまう。

 とにかく、眩しくて眩しくて、そのぶん暗さも感じるってこと。明るいだけならまだしも鋭く焦がしてくるってんだからしつこくてたまらん。屋内に入っても暫くは夏を脱ぐことができない。夏がそれを許してはくれない。お願いだから許しておくれよ。もう少しドライな関係でいようよ。そしたら僕ら、もっとうまくやれると思うんだけど。

 とはいえもちろん、夏の雲は僕も好きだ。ヤツも他の季節にない濃密さをその内側に溜め込んでいる。あまりに溜め込むものだから、ふいにはち切れて漏れる漏れる。その重心から一目散に外側を目指してふくらむふくらむ。胎動。あれに触れられないなんてうそなんだろ? 誰かがひとりじめするために吐いたうそに違いない。だってあんなに、そこにあるのに。あんなに強く、濃く、渦巻いているのに。触れないなんて、うそだ。

 どうせ死ぬなら、あの雲がそこにあると信じて飛び込みたい。触ることができれば僕の勝ち。そのまま落っこって死んだら僕の負け。負けるわけにはいかないよな、だってこの負けは多くの意味を帯びすぎている。だから僕はあの雲に立って、上からうそつきのヤツらに小便を引っかけなければならないだろう。とびきり濃いのを用意してやるから、待ってろよな、夏。