九六フィートの高さから

それとなく落下 相対速度は限りなくゼロ

2021

2021年に好きだったものの記録。

 

映画

  • マトリックス レザレクションズ』
  • 『リスペクト』
  • 『あのこは貴族』
  • 『私をくいとめて』
  • 夏への扉
  • 『映画大好きポンポさん』
  • 『まともじゃないのは君も一緒』
  • 『羅小黒戦記』
  • 『ヤクザと家族』
  • 『ドライブ・マイ・カー』

意外と映画館に行けた1年だったと思う。

年末に1年のベストを書くからどうしても新鮮な記憶のある作品が強くなってしまう自分だけど、なんとかそれを差し引くべく努めたつもりで、そのうえで『マトリックス レザレクションズ』がやっぱり良かった。前三部作も一作目しかまともに見ていなかったけど、IMAX上映の期限に駆け込む形で見た(『呪術廻戦0』の公開の影響)。それでもわかるような作りになっている。作品内でも自己言及されているように原点回帰だったから。

20年前の前三部作を「くそったれども」から取り戻すための新作という感じで、作り手側(監督だけでなくおそらく出演者たちも)の強く明示的なメッセージに感動した。ラストもすごく好き。

『リスペクト』は『ブルース・ブラザーズ』が大好きな身からすると、あの食堂で汚い格好で歌い踊っていたおばさんにこんな人生があったのかと重く鈍い打撃。エンドロールに移る本人の姿でけっきょく一番泣いた。

今年は邦画で好きな作品が多く、『私をくいとめて』『あのこは貴族』『まともじゃないのは君も一緒』なんかは特に響くものがあった。『私をくいとめて』については『ストーリー・オブ・マイライフ』といっしょに文章を書いた。

frasco-htn.com

 

『ヤクザと家族』は最後の磯村勇斗がいい。『夏への扉』はうまいこと現代設定で映像化しているし藤木直人がいい。

アニメ映画も何本か見ていて、『Away』とかも映像面白かったけど、アニメーションのすごさでは『羅小黒戦記』が群を抜いてすごかった。ディズニージブリって感じ。かわいらしいキャラがベタな設定で特に説明もないまま見たことない必殺技を繰り広げまくる。アイデアとアニメーション技術を湯水のようにぶちまけ続けててわくわくした。『ポンポさん』もすごくて、全部うまくいくぶち上げ「夢」物語で気持ちがいい。クリエイティブの人たちの労働環境に対する批判がないのはいかがなものかと思ったけど。

ワースト映画は『竜とそばかすの姫』です。細田守のことがそれなりに好きだからなんですが、ここ最近の作品には期待を裏切られて、怒りが湧くことが多くてしんどかった。細かい話はいっぱいできるけど、フラスコ飯店で編集担当した記事にまとまっています。

frasco-htn.com

 

『ドライブ・マイ・カー』について語る言葉をまだ持てません。

 

 

今年は音楽をあまり聴かない一年だった。なんでだろう。一つの理由に、自分は本を読んだり勉強したりしながら音楽を聴けないタイプだからというのがあると思う。

 

小説や本は映画のように何をいつ読んだか記録を取ってなくて、おぼろげな記憶しか持っていないけど、それでも今年いちばん印象に残ったのは町屋良平の『ふたりでちょうど200%』という小説。小学生時代の同級生で、溺れた/溺れるのを見たという記憶を共有している二人が大人になって再会する、という設定を同じくして、違う物語を4本の連作にしている小説。町屋良平の文体は、前から時間軸というか世界線が一定でない感じがあって、さらっと反実仮想を書いたりする人だったから、ある種転生もののようなこの連作の書き方には納得した。いかにも文学っぽい比喩表現などのレトリックレトリックした文章が苦手な自分だが、町屋良平の文章は理解したり共感したりする前に「身体がわかっている」ような感覚で読んでしまう。だからほんとうはわかっていないけどどんどん飲み込んでしまう感じ。それが何か知りたくてずっと読んでるのだと思う。

 

今年は就活にはじまり修論に終わった。来年からは東京で働きます。自分のナイーブさをどう扱うかという問いが見えてきた20代前半最後の一年だった。

2020

2020年に好きだったものの記録

音楽

  • 火傷に雨/君島大空
  • Siva/BBHF
  • Me & You Together Song/The 1975
  • 何なんw/藤井風
  • The Steps/HAIM
  • Easy Breezy/chelmico
  • アザトカワイイ/日向坂46
  • The Age (feat. BASI, Dhira Bongs & Keishi Tanaka) /Gotch
  • exile (feat. Bon Iver) /Taylor Swift
  • Good News/Mac Miller

今年はなんといってもBBHFのアルバム『BBHF1 南下する青年』なんですが、曲単位で絶対これみたいな感じではなく、アルバム単位での印象のほうが強い。だから曲単位で最初に挙げるならば君島大空の「火傷に雨」になった。脆いけどきれいだから強い、みたいな曲。

あと2020年のリリースじゃないから入れていないけど、11月はBon Iverの『i,i』をずっと聴いていた。リリースされたころにはあまりピンと来なかったけど、おそらくBBHF経由で今年になって好きになった感がある。

Mac Millerは全然知らなかったけど最近教えてもらっていいなと思った。

 

映画

  • ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
  • TENET テネット
  • 幸せへのまわり道
  • ブックスマート
  • はちどり

結局あんまり新作を見ることができていなかった気がする。とはいえ映画館にはけっこう行った。ジブリやノーラン作品のリバイバルが多かったから。『もののけ姫』は今回のリバイバルで初めて見たし、『インセプション』や『インターステラー』といった大好きな作品をIMAXで見ることができるという幸運にも与った。

あと上に挙げた以外にもおもしろかったものはあるが、いま振り返って好きだとすぐに思えるのはこの5本だったのかな。正直あまり真剣に考えてリストアップしていないかもしれない。 

『Little Women』は今後感想が変わっていきそうな作品ではあるけれど、めちゃくちゃ泣いちゃったので僕の負けです。『TENET』はわくわくさせてくれてありがとうという気持ち。『幸せへのまわり道』は自分の男性性とどう付き合っていく?という自分のなかで大きくなりつつあったテーマにタイミングよく打ち返してくれた作品だった。

 

今年フラスコ飯店で書いた記事

frasco-htn.com

そうか、〈くよくよ〉というテーマを明確に掲げ始めたのも今年に入ってからなのか。もっと前な気がしていた。

 

frasco-htn.com

これはかなり読まれました。固いし長い記事なのにけっこう読んでもらえて、自分の書く記事に多少なりとも価値があるのかと思えた。

 

frasco-htn.com

逆襲書くの楽しかったな。手帳にメモを書き殴りながらのブレスト方式でやった記憶があるし記録がある。逆襲へのアツいお返事をくどうさんからもらったのも感動した。

 

frasco-htn.com

わた藤(後述)を編集しながら出たアイデアと好きな作品を詰め合わせた、個人的な好みが色濃く出ている定食。イラストがめっちゃお気に入り。

 

frasco-htn.com

これとか下にある『星の子』は、編集長から「これ、どう?」みたいに提案もらって見に行って、わりとすぐに書いて出す、ということをできた優秀な記事です。いつでも、どんな作品でも書ける、になりたいけど全然無理〜〜なので、そこに向かうべく踏み出した記事でした。

 

frasco-htn.com

これは企画も出さないまま勝手に書いて、編集長に売り込んだ記事でした。初めてのパターン。気に入ってる。

 

frasco-htn.com

これもお気に入り。僕は好きな映画のことは逆に書けないタイプなんですが、これはちゃんと書けたし、突飛で独創性のある読みとかでは全くないけど、意外と言われていなそうな大事なことを自分なりには書けたと思っている。名刺代わりにしたい記事。

 

frasco-htn.com

先ほど『マザー』でも書いたけど、フットワーク軽く書けたという点で評価したい記事。とにかく書き続けるしかおもろいもの書く術はないのだろうなと実感した。

 

〈わた藤〉の編集

今年のフラスコ飯店を語る上で外せないのが、わじまが書いている連載「わたしがグダグダうじうじしていることは大抵すでに藤原基央が曲にしている」ですね。企画段階からいっしょに詰めていきました。5月に1曲目「ディアマン」を公開してから1、2か月に1曲ずつくらいのペースで4曲公開し、5曲目を準備しているくらいのタイミングで、スキャンダルが発覚。どうしようか、と相談したけれど、やっぱりあの問題に触れずになかったことにして続けるのは僕たちがフラスコ飯店ですべきことではない、ちゃんとそれについて考えて、向き合って、記事にすることこそ僕たちがやるべきことだと思い、準備を始めた。

しかしいっしょにやっているとはいえ、書いているのはわじまなので、わじまの苦しみを本当のところは知りようがない。3か月くらいかけて書いてもらって、そのあいだにも夜な夜なオンラインでうんうん唸りながら考えたり、構成を練って文言を練って、めちゃくちゃがんばった。でも僕はすごく楽しかった。それは編集という立場だったからこそかもしれない。わじまには最高級品質の拍手を送りたい。

そして長くてややこしくて重い記事をポップに読みやすくするために、くどうさんがビジュアル面でディレクションしてくれたのも大きかった。毎度まいどアイキャッチイラストのアイデアをいくつも出してくれて、この連載への愛を感じています。

ひーひー言いながらみんなで必死に作った記事が完成した。これです。

frasco-htn.com

がんばった甲斐あって、めちゃくちゃ読まれている。反響も大きい。うれしい。

 

2021年は就活と修論の1年になります。がんばるぞ〜〜

2019

2019年の好きだったものを記録しておきます。

音楽

  • 真夜中のダンス/BBHF
  • Now I'm In It/HAIM
  • 朝顔/折坂悠太
  • Hold You Now (feat. Danielle Haim)/Vampire Weekend
  • 1950/King Princess
  • 遠視のコントラルト/君島大空
  • remains/井戸健人
  • ドレミソラシド/日向坂46
  • Sleepswimming/No Buses
  • 砂漠で/長谷川白紙

https://open.spotify.com/user/sorekara/playlist/1h6eCAdch9VWL87Ej5q2Vt?si=DFZqkGUvRq21KIcNHd9t6Q

BBHFは『Family』というアルバムがほんとうにすばらしかったですね。ほかにも好きな曲がたくさんあります。

2018年は折坂悠太の『平成』をいちばん聴いていましたが、今年の「朝顔」もすごかった。生きとし生けるものへの祈りの歌です。

7月は日向坂46の「ドレミソラシド」のMVを日に3回は少なくとも見ていました。かなり救われていましたね。レコード大賞もとてもよかったです。

ハイムやVWは気持ちのいい曲が多くて好きです。King Princessはこの曲くらいしか知らないけどすごくいい曲。

 

映画

今年結局印象に残っているのはハイローなんですよね。映画も最高に面白かったし、記事も書いたし。あとハイローの話でコミュニケーションが取れた人が何人かいて助かったというのもあります。シリーズのこれまでは見てないのですが、続編が楽しみです。

トイ・ストーリー4はほんとうにボロ泣きしてしまった。

 

ーーー

 

今年は フラスコ飯店 というウェブメディアの開店があり、そこで5本の記事を書き、ZINEを作りました。物書き、物作りをした記憶が大きいです。

あとは大学院入試があり、卒業論文の執筆があり。卒論はまだ終わっていませんが。

来年は院生として、学問に対してできるだけ真摯に立ち向かえるようにがんばってみたいと思います。あとはフラスコでの執筆・編集、個人的にやっている写真の活動もちゃんと続けていきたいです。

物を考えて、物を書いて、物を作ってという実践のなかで、自分のできること、やっていきたいことを見定めていきたいと思います。

2020年もよろしくお願いいたします。

 

・書いた記事

frasco-htn.com

frasco-htn.com

frasco-htn.com

frasco-htn.com

 

frasco-htn.com