読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九六フィートの高さから

つれづれなるままに

鬼と福とのリプレイスパーティ

昨日は友人の家に泊まった。一日遅れの恵方巻きもどきを各々作って食べた。恵方も向かなければ黙りもできずに。A4コピー用紙に印刷した鬼とお多福と鈴木福のお面を各々付けてアー写を撮った。その後眠るも定期的に目が覚めてしまう。隣に眠る友人の不規則な寝息を聞いて再び眠った。起きる時刻の少し前にまた目が覚めてしまったので、そのまま起きて身支度をして、起きた友人に礼を言ってひとりアパートを出た。

 

大学の集中講義があり、日曜の誰もいない校舎へ向かう。授業でトルコ系ドイツ人映画監督の『おじいちゃんの里帰り(邦題)』を観た。これがとてもいい映画で、泣いてしまった。トルコから出稼ぎ移民としてドイツに渡った家族の物語で、移民というデリケートで根深い問題を扱いながらも、それを包むもっと大きな家族愛というテーマを併せ、さらにコミカルで軽妙な展開もあいまって、明るくて心温まる作品になっている。移民問題とか不勉強で知識もなくてわかんないなとおもうけれど、こういうライトな作品を入口に、身近な問題として想像できるのはありがたいことだなあ。

 

昨日別の友人と初めて葉ね文庫に行って、短歌の本を一冊買った。『桜前線開架宣言』という本。

 

 

桜前線開架宣言

桜前線開架宣言

 


70年以降生まれのいろんな現代歌人の歌を読めるので、初心者の私にもってこいだろうと思って買ったけれど、ほんとうにもってこいだった。ばっちこいだった。まだ最初の大松達治と中澤系しか読んでいないけれど、楽しい。両方歌集が欲しくなってしまったのであとが怖い。たった31文字でいろんな(もっといい語彙が欲しい)心象風景を見ることができるのが、なんちゅうこっちゃ、という感じ。好きな歌がいっぱいあって楽しい。味わう感情はもちろん楽しいだけではないのだけれど、すべて含めて楽しい。 いい世界。