九六フィートの高さから

つれづれなるままに

バースデイ

おとといは誕生日だった。

前回の投稿で書いたように、今年の誕生日は映画館で、『イット・フォローズ』というホラー映画を見ながら迎えた。

『イット・フォローズ』、めちゃくちゃ怖くて、誕生日だというのに寿命が8年縮んだような気持ちになった。もう音とかすごくてやめてくれと思った。

あまりにも救いようのない設定でなかなか辛かったな…

そのあとは、グザヴィエ・ドランの『わたしはロランス』と、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ』という作品を見た(ちょいちょい結構寝た)。

オールナイトで映画を見たのは初めてだったけれど、ちょっとぼーっとしてる頭と、ふかふかの席と、見えるのはスクリーンだけ、みたいな空間で、自分がどこにいるのかわからなくなるような没入感を感じることができて、なかなかいい体験だった。

 

そんなこんなでそのオールナイトイベントが終わり、外に出ると、完ペキな朝で、見るからに澄み切った空気、澄み切った朝日、めちゃくちゃ朝、みたいな、思わず深呼吸してしまうような気持ちのいい朝だった。

バスに乗って街へ行って、友人に朝ごはんをごちそうしてもらい、またバスに乗って部屋へ帰った。

将来のこととか、高校時代のこととか、たくさん話した。

その友人とは、高校時代に軽音楽部でバンドを組んでいて、その当時の録音を聴きながら、「かなりいいな〜〜」とか自画自賛を繰り返し、笑った。

すると突然玄関のベルが鳴り、ドアを開けると、大きな箱を持った配達の人が立っていて、見ると、その友人を含め、高校時代のバンドのメンバーからの贈りものだった。

聞くと、それを受け取るところを見届けるためにうちにまで来たのだとか。

笑ったし、嬉しかった。

贈りものは、きれいな器とコップのセットだった。

白やグレーや緑や黄色やネイビーの、しっとりとしていて、あたたかさを感じる陶器の質感がすばらしくすばらしい、それでいて生活に寄り添っているような、もうとんでもなくかわいい食器たちだった。

思わずそれら専用の棚をこさえるために棚の整理をした。

f:id:kakkoiikakko:20170530133534j:plain

うつくしいでしょ。

f:id:kakkoiikakko:20170530133620j:plain

今日の朝ごはん。たまらんね。

 

そのあと、その友人とは別れ、しばし仮眠をとり、夜は別の友人たちとクソゲーに興じ、ご飯に行って、バーに行って合法飲酒をして、鴨川で歌ったり黒ミサをしたりすね毛を燃やしたり(くさい)した。

なんとなくおまわりさんを避けるように友人の部屋に戻り、ケーキをごちそうになった。フチに山椒みたいなツブツブが乗っているかわいいチーズタルトで、すごく美味しかった。

スーパーにクレイジーアンドナイスな強烈な夜になった。楽しかった。うれしかった。

そのあとはすぐに寝てしまった。

朝起きて、その部屋の友人に置き手紙を残して、自分の部屋に戻り、身支度をして、大学へ行った。

 

昨晩は高校、大学とずっと先輩である先輩(仲良し)に近所の定食屋でご飯をごちそうしてもらった。近所だけど行くのは初めてだった。

これまでのそんなに長くはない人生で、あんなに大きなハンバーグを食べたのは初めてだった!おいしかったけど、お腹いっぱいになりすぎて、部屋に戻ってからもずっと、お腹いっぱいや、苦しい、って二人して言い続けていた。

サシであんなに話し込んだのは初めてだった。いい夜だった。

 

家族と過ごさない誕生日は初めてだったかもしれない。

人にお祝いしてもらうのはとってもうれしいけれど、実は同じくらい、もしかしたらそれ以上に、人をお祝いすることもとってもうれしい。

僕をお祝いしてくれた人たちも、僕と同じくらい、それ以上にそういう気持ちになってくれていたらいいな、と強く思う。

そう思ってもらえるような人になれたらいいな、と強く願う。

 

最後に、一曲、大好きなバンドの、僕が一番好きな曲を紹介します。

Galileo Galileiというバンドの、その名も『Birthday』という曲です。


Galileo Galilei『Birthday Studio LIVE』

ガリレオは本当に大好きなバンドで、高校時代にもコピーを何曲もした。

昨年、彼らはGalileo Galileiとしての活動を終了してしまった。

そのラストライブ、武道館公演に行ったのだけど、その公演でもこの曲を演奏してくれた。

恥ずかしいほど泣いてしまった。

ライブを見ていて、泣きそうになったり、目が潤むことはけっこうあるのだけど、この時はなんだたもう、いろんな感情が込み上げて、ウェンウェン泣いてしまって、人に顔を見られないようにしていた。

いい曲なんです。すべてが完ペキ。

もはや宗教的なまでの美しさというか。詞もそんな感じがするし。

ライブでは、最後の「いったい僕は何になるんだろう?」というフレーズを、1オクターブ上げて張り上げて歌うんだけど、それがほんとうに胸に刺さる。

ぎゅーーーってなっちゃって、つらい。

ほんとうにうつくしい曲なので、ぜひ聴いてみてください。

 

いったい僕は何になるんだろう?